G大阪アデミウソン、酒気帯び運転容疑で謹慎処分に クラブはきょう記者会見へ

[ 2020年10月26日 12:58 ]

G大阪・アデミウソン
Photo By スポニチ

 G大阪のFWアデミウソン(26)が酒気帯び運転と報告義務違反の容疑で任意捜査を受けていたことが分かった。26日、クラブが公式ホームページで発表した。

 クラブによると、アデミウソンは25日午前8時35分頃に大阪府茨木市内で追い越し車線を走行中、走行車線の自動車と接触。本人は自動車との接触とは認識せず、練習のためクラブハウスへ向かった。練習終了後、大阪府警察本部交通部高速道路交通警察隊から任意同行を求められた。

 同日正午から約4時間事情聴取が行われ、アルコール検査の結果、アデミウソンから基準値を超えるアルコールが検出された。

 クラブはアデミウソンを謹慎処分にし、処分は捜査終了後に決定するとした。きょう午後4時から小野忠史代表取締役社長らが記者会見を行う。

 アデミウソンは今季リーグ戦21試合に出場し6得点。24日の第24節・柏戦(パナスタ)にも途中出場し、後半44分に決勝ゴールを挙げていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年10月26日のニュース