道交法違反容疑のG大阪・アデミウソン 大阪ミナミで朝まで飲んでから練習へ

[ 2020年10月26日 17:23 ]

会見で深々と頭を下げる小野社長(右)と松波強化アカデミー部長
Photo By スポニチ

 FWアデミウソン(26)が道路交通法違反容疑で任意捜査される事案が発生したことを受け、G大阪は26日午後、吹田市内で記者会見を開いた。小野忠史社長と松波正信強化アカデミー部長が出席。小野社長は、事故を起こす前にアデミウソンが大阪・ミナミのクラブやバーで早朝まで飲酒をしていた事実を明かした。

 24日、自身の決勝点により勝利を飾った柏戦を終え、午後8時にチームは解散。知人宅で複数人による食事をしたアデミウソンは、その後に自家用車でミナミへ移動。駐車場に車を停めた後、心斎橋などのクラブやバーで飲酒をしながら早朝まで食事をしたという。

 翌朝の午前8時頃、練習に向かうため、駐車場に停めていた車に乗り吹田方面へ。その道中の高速道路で接触事故を起こした。アデミウソン自身は車との接触とは気づかず、そのまま練習へ。午前10時からの練習に参加していたが、同11時30分頃にクラブハウスへとやってきた警察に任意同行を求められた。

 警察での事情聴取を受けた後、午後5時頃からクラブハウスで本人を含めて話し合う場を持った小野社長。「当て逃げという意識はなかった」とアデミウソン自身は話したという。自らが活躍した試合後ということもあり、同社長は「彼が殊勲者となってゲームを勝ち取って(気分が)ハイになっていたのかもしれない」と語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年10月26日のニュース