イニエスタ 神戸の三浦新監督と共闘「印象は凄くポジティブ」

[ 2020年9月25日 13:24 ]

<ヴィッセル神戸練習>練習の指揮を執る三浦淳寛新監督(C)VISSEL KOBE
Photo By 提供写真

 神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(36)が、三浦淳寛新監督との共闘を誓った。25日に神戸市内で行われた非公開練習の後、オンラインで取材対応。これまではスポーツダイレクターを務め、前日24日に指揮官に就任した三浦監督の印象を問われ、次のように語った。

 「印象は凄くポジティブ。監督経験は初めてになるけど、今まで自分が日本に来てから何度も話し合いをしていて、持っているサッカーのビジョンはよく理解しています。それはボールを支配して、ゲームをコントロールして、積極的にボールをつないで、チャンスを築いていく。そのイメージはこのチームが目指すべき方向だと考えています」

 前節鳥栖戦は自らが全4得点に絡む活躍もあり、8試合ぶりの白星を挙げた。あす26日の札幌戦(ノエスタ)は、三浦新体制で臨む初戦となる。

 「まだ始まったばかりですけど、今までチームとしてやってきたポジティブなものに、さらに新しい監督のコンセプトやアイデアを付け加えていくことで、チームはさらに成長できるかなと思います。そういった意味でも、明日の試合で結果を出して、この成長を次につなげていきたい」

 三浦新監督のもと、主将としてもチームをけん引していく。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月25日のニュース