J2長崎・手倉森監督 3位で折り返しも目標勝ち点はクリア「後半戦は勝ち点45取らないと」

[ 2020年9月25日 18:00 ]

長崎の手倉森監督
Photo By スポニチ

 勝ち点40の3位でリーグ前半戦を折り返したJ2長崎の手倉森誠監督(52)が25日、オンライン会見した。

 直近6試合未勝利と苦しい戦いが続く中、前半戦21試合が終了。「我々の目標(J1昇格)に対するプランは、アウェーで勝ち点1、ホームで勝ち点3」と改めて明言し「前半戦はホームが9試合に対してアウェーが12。プラン通りに計算すると勝ち点39だが、きっちり40取っている」。前半戦は目標クリアできたことを強調した上で、チームの成長点については「勝てない試合が続いているが、負けなくなっている。半分終わって3回しか負けていないのは優勝できる資質のあるチーム」と評した。

 さらに厳しい戦いが待ち受ける後半戦へ。「後半戦は勝ち点45取らないといけない」と具体的な数字目標をあげ、「誰が何ができるかをしっかり理解しあった中で信じ合ってやることが必要」と全員で巻き返しを誓ったことを明かした。

 後半戦は27日に4位福岡、30日に2位徳島をホームに迎えての上位決戦2連戦で幕を開ける。「重要な2試合」と力を込め「長崎のサポ―ターの思いも汲んで戦えるだろうし、サポーターにも同じ思いで2つのチームを飲み込む準備をしてもらえると心強い」とホームの観客からの大きな力にも期待をこめた。

 特に九州対決となる福岡は6連勝中。「勝ってきている相手を、最近勝てていない我々が止めると、彼らの勢いをすべて吸収できるゲームになる」。再び首位の座に返り咲くため、後半初戦で絶好調の相手から勝利を奪う。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月25日のニュース