スアレス バルサからAマドリードへ移籍 2年契約で年俸約11億円

[ 2020年9月25日 05:30 ]

Aマドリード入りするバルセロナのスアレス(AP)
Photo By AP

 スペイン1部Aマドリードは23日、同バルセロナからウルグアイ代表FWルイス・スアレス(33)を獲得することで合意したと発表した。

 地元紙マルカによると、2年契約で、年俸は税引き後で900万ユーロ(約11億円)。移籍金はないが、Aマドリードはバルセロナに600万ユーロ(約7億4000万円)のボーナスを支払う。スアレスは14年にリバプール(イングランド)からバルセロナに加入。6シーズンでクラブ歴代3位の公式戦通算198得点を挙げ、4度のリーグ優勝、15年の欧州CL制覇など計13のタイトル獲得に貢献した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年9月25日のニュース