横浜FCのFWカズ、13日の名古屋戦で今季初のリーグ戦メンバー入り

[ 2020年9月12日 15:52 ]

8月5日のルヴァン杯鳥栖戦に先発出場した横浜FCのFW三浦知良(左)
Photo By スポニチ

 横浜FCのFW三浦知良(53)が、あす13日の名古屋戦(ニッパツ)でメンバー入りすることが確実となった。リーグ戦のメンバー入りは今季初、J1では07年12月1日の浦和戦以来13年ぶり。53歳6カ月18日での出場となれば、中山雅史の45歳2カ月1日を大幅に更新するJ1最年長出場記録となる。

 チームは現在3連敗中。下平監督は「こういうチームが苦しい状況だからこそ、カズさんの力が必要」と明かしたという。今季のカズは8月のルヴァン杯2試合に先発、1勝1分けで勝ち点4獲得に貢献した。主将マークを巻き「技術、戦術もあるけど、最後は気持ちだ!」と鼓舞する姿に、指揮官も「カズさんがメンバーに入るだけで士気が上がり、選手の雰囲気も変わる」とその効果を口にしていた。

 連敗ストップへ、救世主の役割は53歳のキングに託される。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月12日のニュース