イニエスタ 土壇場で魅せた!6戦ぶり出場で同点アシスト FKからダンクレー弾演出

[ 2020年9月12日 21:12 ]

明治安田生命J1第16節   神戸2―2FC東京 ( 2020年9月12日    ノエスタ )

<神戸・FC東京>後半、ダンクレーの同点ゴールをアシストした神戸・イニエスタ(中央)のFK (撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 公式戦では3試合ぶり、リーグ戦では6試合ぶりの出場となった神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(36)が、執念の同点弾をアシストした。

 ホームで迎えたFC東京戦は、前半24分にMF安井のJ1初ゴールで先制しながらも、後半5分、同13分に失点し逆転を許す。同14分から途中出場となったイニエスタに見せ場が訪れたのは後半アディショナルタイム。右サイドで得たFKのキッカーを担うと、ゴール前に鋭いボールを送りDFダンクレーのゴールを演出した。

 試合はそのまま2―2で終了。これで神戸は5試合連続未勝利、J1のホームゲームでは6試合連続未勝利となったが、土壇場の同点劇で勝ち点1を得た。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月12日のニュース