C大阪 19歳FW藤尾の今後は本人次第「パフォーマンスで決まる」 浦和戦でデビュー戦ゴール

[ 2020年9月8日 19:44 ]

5日の浦和戦の終了寸前、浦和GK・西川(左)をかわしてゴールを決めるC大阪・藤尾(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 C大阪のロティーナ監督が、前節浦和戦でデビュー戦初ゴールを挙げたFW藤尾翔太(19)の今後について“本人次第”と語った。あす9日の札幌戦(ヤンマー)を前に、8日の非公開練習後にオンラインで取材対応。離脱中のFWブルーノ・メンデスの復帰が16日の神戸戦(ノエスタ)以降になることを明かした上で、藤尾が今後もU―23ではなくトップに帯同し続けるかを聞かれると、次のように答えた。

 「まだ分からない。これからの翔太のパフォーマンスにもよる。スタメンを決めるのは私でもコーチ陣でもなく、選手たちのパフォーマンス。彼ら自身のグラウンドでのパフォーマンスで決まっていくものだと思っている。よりチームに貢献できる選手、よりうまくプレーできる選手を選んでいきたい」

 育成組織出身の19歳に関して将来性を高く評価する指揮官ながら、チームの勝利を優先し、フラットな視線で見極めていく。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月8日のニュース