名古屋・フィッカデンティ監督 2試合連続3失点の現状を問われ怒り爆発

[ 2020年9月8日 05:30 ]

 名古屋のフィッカデンティ監督が7日の練習後のオンライン取材で、イライラを募らせた。

 公式戦2試合連続3失点の現状を受け、報道陣から再び堅守を取り戻すために必要な要素は何かと問われると、指揮官は「気の緩みじゃない」と語気を荒らげた。さらに質問を遮り「まるで最下位のような扱いを受けているが、われわれは4位。全てがうまくいっていないように言われるのはどうか」とリスペクトを求めた。


 9日にはホームで横浜戦。公式戦4試合ぶりの勝利を収め、留飲を下げたい。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月8日のニュース