川崎F U18代表DF田辺獲得 昨年度「静学」高校日本一に貢献

[ 2020年8月12日 05:30 ]

静岡学園・田辺
Photo By スポニチ

 川崎Fが来季の新戦力として静岡学園高3年のU―18日本代表DF田辺秀斗(18)を獲得することが11日までに分かった。

 田辺は1メートル80のサイズと、50メートル5秒9の俊足を武器とするサイドバック。主戦場の右サイドのほか、左サイドやセンターバックもこなすユーティリティーで、将来のA代表入りも期待されている逸材だ。優勝した昨年度の全国高校選手権でも活躍。複数のJクラブが争奪戦を繰り広げた中、MF大島をはじめ多くの高校OBが活躍する川崎Fを選んだ。来季の入団内定は桐蔭横浜大4年のMF橘田健人(22)に次ぎ2人目。リーグ8連勝中のチームは来季へ向けても着々と補強を進めている。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年8月12日のニュース