横浜FCカズ、18年以後の出場試合は勝率9割1分6厘!12日ルヴァン杯札幌戦先発へ

[ 2020年8月11日 05:30 ]

5日のルヴァン杯鳥栖戦でスタメン出場した横浜FCの三浦(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 横浜FCのFW三浦知良(53)が12日のルヴァン杯札幌戦(札幌ド)で同杯2戦連続で先発する可能性が高まった。この日、下平隆宏監督(48)がオンライン取材に応じ「カズさんは変わらず行くと思います」と明言。5日のルヴァン杯鳥栖戦に続くスタメン起用を示唆した。

 現在C組2位、横浜FCが1次リーグ突破するには勝利が絶対条件だ。だからこそカズが必要になる。18年以後、攻守に献身的なプレーは勝利に直結する傾向が強く、カズの出場したリーグ戦、ルヴァン杯は通算11勝1分1敗、勝率は驚異の9割1分6厘を誇る。

 5日の鳥栖戦でも主将マークを巻き、序盤からチームをけん引、公式戦の連敗を4で止めた。下平監督も「カズさんがメンバーに入るだけで選手の士気が上がり、円陣でも雰囲気が変わる」とその効果を口にする。

 53歳5カ月17日での出場となれば最年長出場記録の更新はもちろん、最年長弾&カズダンスへの期待も高まる。鳥栖戦の前半29分に見せた強烈ヘッドは記憶に新しく、カズは「(次も)ああいうチャンスに絡めれば」と話していた。勝率9割超えの「勝利を呼ぶキング」が北の大地でも躍動し、ルヴァン杯8強進出に導く。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年8月11日のニュース