Jリーグ 観客上限5000人を9月6日まで延長、村井チェアマンが明言

[ 2020年8月11日 15:55 ]

Jリーグの村井満チェアマン
Photo By スポニチ

 Jリーグは11日に第13回臨時実行委員会を開き、現状の観客上限を5000人とする「超厳戒態勢」を9月6日まで延長する方針を確認した。終了後のオンライン会見で村井チェアマンが明言した。

 6月末のJリーグ再開後は無観客試合で運営していたが、7月10日から上限5000人として観客の動員を再開していた。8月1日からさらに入場制限を緩和する方針だったが、新型コロナウイルス感染拡大が続く昨今の現状を鑑み、8月末まで超厳戒態勢を維持することを決定していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年8月11日のニュース