【久保ビリャレアル入団会見(2)】「競争を楽しまなくては」「100%尽くしたい」

[ 2020年8月11日 21:28 ]

入団会見後、本拠地のピッチでビリャレアルのユニホーム姿の久保建英はリフティングを披露(撮影・江間慎一郎通信員)
Photo By スポニチ

 スペイン1部リーグでレアル・マドリードから同ビリャレアルに1年間の期限付きで加入した日本代表MF久保建英(19)が11日、スペイン東部のビリャレアルで入団の記者会見を行った。スペインでの2シーズン目に向けて、新天地に懸ける意気込みを語った。(取材・翻訳=江間慎一郎通信員)

 【地元メディアとスペイン語での主な一問一答】

 ――チーム内競争についてはどう思うか?
 「素晴らしいチームには常に競争が存在します。より良いプレーができるようになるため、その競争を楽しまなくてはなりません。フットボールはコレクティブなスポーツであり、全員で助け合う必要があります」

 ――自身の注目度の高さについて。
 「ずいぶん前から慣れていることで、うまく付き合えています。僕はピッチ外での注目について興味がありません。テレビで自分のことが話されていても、あまり気にしないですし、ただピッチ上のことだけに集中しています」

 ――パレホやコクランなど、さらなる補強が噂されている。
 「これから誰がやって来るかは分かりませんが、ここにいる人たちのことは知っています。全員が素晴らしいレベルの選手で、ビリャレアル戦が最も苦しかった試合の一つでした。そこで毎週プレーできるなんて、モチベーションが上がりますね」

 ――30クラブからオファーが届いていたとされるが、どう思うか?
 「それは報道にあったことで、いくつかは本当で、いくつかは違います。ほかにもオファーはありましたが、ビリャレアルからのオファーが最も素晴らしく、だからこそ今、僕はここにいます」

 ――将来的なレアル・マドリード復帰の可能性について。
 「僕の考えは、ビリャレアルについてのみ話すことにあります。それ以外のことは考えていません。100%ビリャレアルのために尽くしたいと思っていますし、素晴らしいシーズンにできることを願っています」

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年8月11日のニュース