久保 ビリャレアル決定!1年間期限付き、メディカルクリアで無事正式発表

[ 2020年8月11日 05:30 ]

ビリャレアルへの期限付き移籍が決まった日本代表MF久保
Photo By スポニチ

 日本代表MF久保建英(19)が10日、20~21年シーズンはスペイン1部ビリャレアルでプレーすることが正式に決まった。クラブが公式SNSなどで発表した。メディカルチェックの際の上半身裸のものと、黄色のユニホームを着た写真を掲載し、スペイン語で「タケは既にここにいる!」、日本語で「久保建英選手ようこそビリャレアルへ!」とつづった。19~20年シーズンのマジョルカ同様に1年間の期限付きとなる。

 久保を巡っては、国内外で30近いクラブが争奪戦を展開した。その中で久保のハートを射止めたのがビリャレアル。指揮官はセビリア時代に欧州リーグ3連覇の偉業を達成し、かつてアーセナルで指揮を執った経験もあるウナイ・エメリ監督(48)。地元紙によれば、そのエメリ監督が久保獲得を熱望。久保もチームを選択する上で名将の存在が重要ポイントになったという。

 1923年創設のビリャレアルはスペイン東部のバレンシア州に本拠を置く。主要タイトルこそないが、若手育成には定評がある。19~20年シーズンはリーグ5位で、欧州リーグ出場権も獲得。スペイン2季目となる久保は、欧州カップ戦の初舞台が待ち受ける。「世界のトップ選手になりたい」と話す久保。まずは12日に新シーズンをスタートさせるビリャレアルでさらなる飛躍を果たし、1年後には目標とするRマドリードのトップチーム入りを目指す。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年8月11日のニュース