Jリーグが検査センター「JCTC」設置 新型コロナ検査の企画・運営

[ 2020年6月23日 18:04 ]

 Jリーグは23日、新型コロナウイルス感染症対策として公式戦の再開・開幕に向けた検査態勢を構築するため、今月5日に検査全般の企画・運営を行う「Jリーグ検査センター(JCTC)」を設置したと発表した。一部業務を株式会社シーユーシーと株式会社シーユーシー・アイデータへ委託する。

 Jリーグは6月27日のJ2再開、J3開幕、7月4日のJ1再開を前に各クラブ最大60人と審判員ら最大合計3680人を対象としたPCR検査を実施することを発表しており、今月19日に第1回の検査が行われた。今後は約2週間に1度のペースで検査を行い、その都度、結果を公表する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年6月23日のニュース