東京VのMF井上潮音「ケガしないで存在感を見せれば…」五輪代表入りへ意欲

[ 2020年6月23日 17:13 ]

 東京VのMF井上潮音(22)が代表への意欲を口にした。23日の練習後、リモートで取材に対応し「チームとしても個人としてもすごい準備をしてきたので、試合がしたかった」と、再開を心待ちにしていたことを明かした。

 活動自粛中は筋トレなどを行い、体を一回りボリュームアップ。「シーズン中にできないので。練習試合で最初は重さがあったが、なじんできた。いいコンディションだし、練習試合も3試合やって完成度は高まっている」と、振り返る。

 今季については「怖さがないと言われていたが、それではチームの力になっていない。そこを出していきたいし、怖い選手になりたい。数字を残せばもうひとつ上のレベルにいける。今までできていないところをさらに進化させれば」と成長に意欲を見せる。そして「なるべく長い時間試合に出たい。ケガをしないで存在感を見せれば代表もそう遠くない。そこを意識していければ」と、五輪代表や日本代表を見据えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年6月23日のニュース