バイエルン ミュラーとの契約2年延長「再開されれば、全力を尽くしたい」

[ 2020年4月7日 19:02 ]

バイエルン・ミュンヘンのFWミュラー(AP)
Photo By AP

 ドイツ1部リーグで7連覇中のバイエルン・ミュンヘンは7日、元ドイツ代表FWトーマス・ミュラー(30)との契約を2023年6月まで2年延長したと発表した。

 下部組織出身で2008年にトップチームでデビューしたミュラーは、12シーズンで公式戦521試合に出場して195ゴールをマーク。昨年11月にコバチ前監督が解任され、フリック新監督が就任してからはレギュラーを奪回していた。

 契約書にサインしたベテランは「本当にうれしい。自分の第一希望は契約延長で、クラブもそう考えてくれた。人生の3分の2をクラブと一緒に戦ってきた。このクラブは自分のパッション。再開されれば、ピッチで全力を尽くしたい」と喜びを語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年4月7日のニュース