緊急事態宣言受け、Jリーグ村井チェアマンが声明「明るい再開に向けて引き続きのお力添えを」

[ 2020年4月7日 21:49 ]

Jリーグの村井満チェアマン
Photo By スポニチ

 安倍晋三首相(65)は7日夕、新型コロナウイルスの感染拡大に備える改正特別措置法(新型コロナ特措法)に基づく政府対策本部の会合を官邸で開き、緊急事態を宣言した。対象地域は東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県で、期間は5月6日まで。

 これを受け、Jリーグの村井満チェアマン(60)は以下の通りコメントを発表している。

 ファン・サポーターの皆さまへ

 本日、7都府県に対し政府より緊急事態宣言が出されました。ファン・サポーターの皆さまの緊張感も一層高まっていることと思いますが、落ち着いた消費行動と、充分な感染予防を心掛けていただければ幸いです。

 状況が刻々と変化する中、Jリーグはクラブとともに意見交換や情報共有を重ねています。後、各知事による具体的な措置の決定があると思いますが、準備しているプロトコルに沿ってJリーグとクラブが連携し、更なる感染拡大防止に努めていく所存です。

 今、Jリーグやスポーツ界ができることについて、ぜひファン・サポーターの皆さまも一緒に考えてみていただけると嬉しく思います。

 もどかしい日々が続いてしまうことを誠に申し訳なく思っておりますが、まずはご自身と周囲の方の健康維持を大事にしていただき、明るい再開に向けて引き続きのお力添えをよろしくお願いいたします。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年4月7日のニュース