浦和 V逃すもつなぎに手応え「間違いないと感じている」

[ 2019年12月30日 05:30 ]

皇后杯決勝   浦和0-1日テレ ( 2019年12月29日    NACK5 )

<皇后杯決勝 日テレ・浦和>準優勝に終わった浦和イレブン(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 序盤のセットプレーから失点してタイトルは逃したものの、浦和の森監督は「(準優勝は)出来過ぎ。よく食らいついてやってくれた」と称えた。

 今季就任した森監督は、前線の選手のフィジカルを生かすサッカーから方針転換。後方から短くパスをつないで崩すスタイルを目指した。なでしこジャパンDF南は「結果は残念だったけど、このサッカーで間違いないと感じている」と手応えをつかんでいる様子だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2019年12月30日のニュース