日本サッカー協会 3選目指す田嶋会長が立候補 2期連続選挙なしでの再選も

[ 2019年12月30日 05:30 ]

 日本サッカー協会は29日、来年3月の役員改選に伴う会長選挙に、3選を目指す田嶋幸三会長(62)が立候補したことを公表した。届け出は26日の消印有効で、今後新たな立候補が確認されなかった場合、2期連続で選挙なしでの再選となる。

 田嶋会長は日本協会で要職を歴任。2016年、国内スポーツ界初の試みとして注目された公開選挙では原博実現Jリーグ副理事長との一騎打ちを制して会長に就いた。国際サッカー連盟(FIFA)理事も務める同会長は、政策として「東京五輪での男女メダル獲得」「47都道府県協会などの基盤強化」「女子プロリーグ立ち上げと成功」などを掲げた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2019年12月30日のニュース