北九州退団の本山雅志、地元サッカー大会で子どもたちとプレー 去就については…

[ 2019年12月30日 20:38 ]

あいさつする本山
Photo By スポニチ

 10回目を迎えた「新春初夢若松サッカー大会」が福岡県宗像市のグローバルアリーナで行われ、現役Jリーガーらが約350人の子供たちと楽しく汗を流した。今季限りでJ3北九州を契約満了になった本山雅志(40)も参加した。

 同大会は北九州市若松区の二島で生まれ育った本山と元Jリーガーの宮原裕司氏、山形辰徳氏の3人が発起人となり開催してきた。3人は近所に住む幼なじみで、二島小、二島中、東福岡高と同じ道でサッカーに邁進した同士でもある。

 同大会には毎年、現役Jリーガーらが参加しており、今年も東慶悟(FC東京)、福田湧矢(G大阪)、田中達也(大分)、刀根亮輔(大分)、池元友樹(北九州)、鈴木惇(福岡)、木戸皓貴(福岡)、北島祐二(福岡)らに加え、京川舞(INAC神戸)、杉田妃和(INAC神戸)の女子選手も初参加。本山らと同じ二島中出身の杉田は「すごくいいイベントなので来年も参加したい」と話し、茨城県出身で鹿島で活躍していた本山に憧れていたという京川は「憧れの本山選手と一緒にサッカーができるなんて、素晴らしいイベント」と感激の表情をみせていた。

 また、今季J1でリーグ戦17試合に出場し飛躍を遂げた福田は「今年で2回目の参加ですが、自分自身も子供たちからめちゃくちゃ元気をもらえるし、子供たちも小さい時からプロの選手とプレーできてかなり刺激になると思う。とても素晴らしい大会」と感想を話した。

 本山も笑顔をみせながら子供たちとプレーし「地元に恩返しできて嬉しい。今後も続けていきたい」と大会の継続に意欲をみせた。一方で、北九州を契約満了になったことについては「地元に戻ってきたのにチームの力になれなくて残念です」と話し、今後については「まだ去就は決めていません」と胸中を明かした。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年12月30日のニュース