森保J、まさかの前半4失点 守備崩壊…ロンドンにハットトリック許す

[ 2019年11月19日 20:11 ]

国際親善試合   日本―ベネズエラ ( 2019年11月19日    吹田 )

前半30分、ロンドン(右)に2点目を決められる日本(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 サッカー日本代表は19日、国際親善試合「キリンチャレンジカップ2019」でFIFAランキング26位のベネズエラ代表と対戦。FWサロモン・ロンドン(30=大連一方)にハットトリックを許すなど、前半だけでまさかの4失点を喫した。

 前半8分に左サイドからのクロスをロンドンに頭で合わせられ先制を許すと、同30分には右サイドからのグラウンダーのクロスをまたもロンドンに決められ失点。同33分にもロンドンに決められ、前半だけでハットトリックを許した。

 さらに同38分にMFソテルドにゴールを奪われ、同30分からの9分間で立て続けに3失点。0―4と大量リードを許して前半を折り返した。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年11月19日のニュース