ベネズエラ指揮官「完璧な試合をしてくれた」4発完勝にご満悦

[ 2019年11月19日 21:54 ]

国際親善試合   ベネズエラ4―1日本 ( 2019年11月19日    吹田 )

<日本・ベネズエラ>前半8分、先制ゴールを決めるベネズエラのロンドン(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 サッカー国際親善試合「キリンチャレンジカップ2019」が19日に行われ、FIFAランキング26位のベネズエラ代表が日本代表を4―1で下し快勝した。国際親善試合3連勝。ドゥダメル監督は「素晴らしいチームワークを見せることができた。今後に向け、選手たちは完璧な試合をしてくれた。特に前半は自分たちの戦い方ができた」と喜んだ。

 前半8分に左サイドからのクロスをロンドンが頭で合わせ先制すると、同30分には右サイドからのグラウンダーのクロスをまたもロンドンが決め2点目。同33分にもロンドンがゴールし、前半だけでハットトリックを達成。さらに同38分にMFソテルドもゴールを決めて4―1で折り返した。

 後半24分に山口のミドルシュートで1点を失ったが、前半の4点が効いて4―1で快勝。年内最後の国際Aマッチを締め、来年3月から開幕する2022年カタールW杯南米予選へ弾みをつけた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年11月19日のニュース