C大阪・舩木翔 27試合ぶりに先発出場へ ロティーナ監督「今、彼の出番が来たと思っている」

[ 2019年10月16日 19:22 ]

札幌戦に向けて調整する舩木
Photo By スポニチ

 C大阪のDF舩木翔(21)が、18日のアウェー札幌戦(札幌ド)で27試合ぶりに先発出場することが濃厚となった。16日に大阪市此花区で調整。前節鹿島戦でDF丸橋が肋骨骨折などを負い、DF片山も筋肉の張りで別メニューとなった中、ロティーナ監督は左サイドバックとして21歳の先発起用を示唆した。

 「マル(丸橋)が離脱して、瑛一(片山)も2週間ぐらいプレーできないとメディカルから聞いている。今、彼(舩木)の出番が来たと思っている。この前の試合(鹿島戦)も急に出番が来たが良いプレーをしていた。若い選手はパワーがあるし情熱もある。経験は足りないが、それはプレーして補っていくものだ」

 舩木がスタメンに名を連ねれば、第2節名古屋戦以来となる。その頃は右サイドバックでの起用だったが、本来は左足のキックを武器とした生粋の左サイドバック。存在感を示し、チームの再浮上に貢献する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年10月16日のニュース