久保、わずか5分出場…最年少得点またもお預け「きょうは、ごめんなさい」

[ 2019年10月16日 05:30 ]

W杯アジア2次予選   日本3―0タジキスタン ( 2019年10月15日    ドゥシャンベ )

後半に途中出場した久保(撮影・西海健太郎) 
Photo By スポニチ

 MF久保がピッチに立ったのはアディショナルタイムも含め、わずか5分間あまり。ゴールネットを揺らすには出場時間が短かった。「きょうは、ごめんなさい」。A代表最年少得点記録は、またもお預けで言葉少なだった。 日本代表メンバー  日程&結果

 後半42分、MF南野と交代し登場。2分後にはMF堂安のシュートを演出すると、終了間際には巧みなドリブルで相手DFを翻ろうし、FW浅野にラストパス。あと一歩でアシストのシーンもあった。不慣れな人工芝にも「ミャンマーのピッチを苦に感じなかったし、人工芝が嫌かと言われたらそうでもない」。10日のモンゴル戦では出場機会はなく、「試合に出るために来ている」という気持ちをぶつけた。次は11月14日のキルギス戦。歴史を塗り替えるチャンスはまだまだ残っている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年10月16日のニュース