権田、4戦連続完封 ビッグセーブでチームを救った

[ 2019年10月16日 05:30 ]

W杯アジア2次予選   日本3―0タジキスタン ( 2019年10月15日    ドゥシャンベ )

後半、権田にシュートを止められガックリのタジキスタンイレブン(撮影・西海健太郎) 
Photo By スポニチ

 ビッグセーブでチームを救った。最大の見せ場は0―0の前半23分。抜け出したFWパンシャンベと1対1となったが、決定的なシュートを左手一本ではじき出した。この日はモンゴル戦で左太腿裏を負傷した冨安が欠場。 日本代表メンバー  日程&結果

 代役は植田が務めたが、守護神は「直(植田)は普段からレベル高くやっている。スムーズだった」と、9月の親善試合パラグアイ戦から4試合連続完封をマークし胸を張った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年10月16日のニュース