G大阪、遠藤に延長オファー J1最多試合出場を後押し

[ 2019年10月16日 05:00 ]

G大阪のMF遠藤
Photo By スポニチ

 G大阪が今シーズン限りで契約の切れる元日本代表MF遠藤保仁(39)に延長オファーを用意していることが15日、分かった。今後、年俸などの具体的な条件提示に入る。

 遠藤は今季リーグ23試合出場で1得点4アシストを記録するものの、若手との融合を図り始めたシーズン中盤以降はスタメンとベンチを往復。4日のリーグ札幌戦(パナスタ)では出番がなく、楢崎正剛氏の持つJ1最多631試合出場記録の更新は来季以降に持ち越しとなっていた。

 2001年シーズンからクラブに在籍して9つのタイトルを獲得。20年連続リーグ開幕スタメンや公式戦1000試合出場といった前人未到の国内記録も打ち立てた。提示される年俸は現在の推定1億円よりも下がる可能性が高いものの、レジェンドの存在は別格。5年ぶりのタイトル獲得に必要な戦力と判断した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年10月16日のニュース