“ジャガー”浅野復活!後半途中出場でダメ押し3点目も「個人的には悔しい」

[ 2019年10月16日 05:30 ]

W杯アジア2次予選   日本3―0タジキスタン ( 2019年10月15日    ドゥシャンベ )

<サッカーW杯予選 タジキスタン・日本>後半、3点目のゴールを決める浅野(中央)=撮影・西海健太郎
Photo By スポニチ

 今夏にセルビアの名門パルチザンに完全移籍した“ジャガー”が、代表のピッチに帰ってきた。FW浅野は後半19分、中島と交代で左MFとして途中出場。同37分に貴重なチーム3点目を決めた。 日本代表メンバー  日程&結果

 野生の肉食獣をほうふつさせる跳躍力だった。右サイドでボールを持ったDF酒井に手を上げてアピール。クロスを呼び込み、遠いサイドで頭で合わせた。相手DFより頭一つ高い打点でボールを捉え、ゴールに叩き込んだ。

 「本当に久しぶりに代表戦のピッチに立てたこと、チームとして勝てたこと勝利にゴールという形で貢献できたことは素直にうれしい。新天地でプレーしているがどこでやるにしてもやるべきことは変わらない」

 日本の6大会連続W杯出場を決めた、17年8月31日のW杯アジア最終予選オーストラリア戦以来となる代表通算4点目。それでも満足はしていない。「個人的には悔しい。ほかにもチャンスがあり、2本とも絶対に決めないといけなかった」と課題を口にした。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年10月16日のニュース