サラゴサ、相手そろわず試合延期 フエンラブラダが集団で急性胃腸炎

[ 2019年9月19日 05:30 ]

 18日の敵地フエンラブラダ戦が「相手チームの健康上の理由」により延期されると発表した。地元紙アスなどによれば複数の選手、コーチが集団で急性胃腸炎を発症し、出場可能な選手が11人に満たない状況。

 クラブ側の要請を受け、スペインサッカー連盟が中止を決定した。代替日は近日中にも発表見込み。15日のエストレマドゥラ戦で今季2号を決めたMF香川の連発もお預けとなった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年9月19日のニュース