横浜・遠藤 J1通算2万2000点目となるメモリアルゴール!チームは連敗3で止め3位浮上

[ 2019年8月24日 22:37 ]

明治安田J1第24節最終日   横浜5―1名古屋 ( 2019年8月24日 )

<名古屋・横浜>後半、5点目のゴールを決め、駆けだす横浜M・遠藤(右)
Photo By 共同

 横浜のU―22日本代表FW遠藤渓太(21)が24日のアウェー名古屋戦でJ1通算2万2000点目となるメモリアルゴールを決めた。

 3―1の後半33分、味方のシュートのこぼれ球に反応して冷静に流し込み、J1通算2万2000点目の歴史に残る一発をマーク。さらに、同39分にはFWエリキのヒールパスに右足で合わせ、プロ入り後初の1試合複数得点も達成した。メモリアルゴールについては「持ってますね」と笑いながらも、「10人になった相手に1点を返されたが、嫌なムードを吹き飛ばすゴールが決められたことが大きかった」と自身の記録よりもチームに大きく貢献できたことを喜んだ。

 チームは連敗を3で止め、3位に浮上。「自分の活躍がチームの結果に反映されるポジションだと思う。僕がどれだけ点を取れるかと自分にプレッシャーをかけながらやりたい」とさらなる活躍を誓った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年8月24日のニュース