鹿島DF小泉 痛恨PK献上でドロー「あの場面がなかったら…」

[ 2019年8月24日 05:30 ]

明治安田生命J1第24節   鹿島2―G大阪 ( 2019年8月23日    カシマ )

<鹿島・G大阪>前半44分、セルジーニョが同点ゴールを決める(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 G大阪に2―2で引き分けた。前半44分、MFセルジーニョの強烈な右足シュートで追い付くと、後半13分にFW伊藤が、今季7点目を決めて一度は勝ち越した。

 ところがDF小泉が与えたPKを決められて同点に追い付かれた。小泉は「あの場面がなかったら間違いなく勝ち点3を取れた。しっかり反省したい」と猛省したが、伊藤は「このチームはゴールを決めるのも失点するのもチーム全員の責任というメンタリティーでやっている」とキッパリ。勝ち点1を積み上げたのみで、24日に試合がある首位FC東京にプレッシャーをかけられなかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年8月24日のニュース