ブレーメン大迫 今季リーグ初得点の同点弾、直後失点で黒星

[ 2019年8月25日 00:44 ]

ドイツ1部リーグ・第2節   ブレーメン2―3ホッフェンハイム ( 2019年8月24日    ホッフェンハイム )

 日本代表FW大迫勇也が今季リーグ初得点(公式戦2点目)を決めた。

 開幕からリーグ2戦連続、ドイツ杯を含めると公式戦3試合連続で先発出場。1―2と逆転を許した後、退場者が出て数的不利で迎えた後半36分にゴールネットを揺らした。

 ショートカウンターからからパスを前線中央で受けると、ボールを右に持ち出して相手1人をかわし、冷静に右足でゴール右隅へ蹴り込んだ。

 両手でガッツポーズをしながら歓喜の雄叫び。直後に右足をつった影響で後半41分に交代を余儀なくされた。その1分後にチームは失点。大迫の同点弾を生かせず、開幕2連敗と厳しいスタートとなった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年8月24日のニュース