浦和 先発7人変更&今季初ウルトラ弾も逆転負け

[ 2019年8月24日 05:30 ]

明治安田生命J1第24節   浦和1―2松本 ( 2019年8月23日    埼玉 )

<浦和・松本>前半、浦和・ファブリシオが先制ゴールを決めてポーズ!(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 終盤の連続失点で5戦連続の勝ちなし。来週27日のACL準々決勝、アウェー上海上港戦を見据え、17日の神戸戦から先発7人を入れ替えた一戦で屈辱の逆転負けを喫した。

 11戦ぶりに先発し、リベロで奮闘したDF森脇は「80分は浦和、10分を松本が支配し、その10分で2点取られた。大きな勝ち点3を手放してしまった」と無念の表情。また右足の踏ん張りが利かなくなり、後半19分に途中交代したMF柏木は「自分が交代したことでリズムが壊れた」と悔しがった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年8月24日のニュース