ジダン監督、久保のレアル残留熱望「マドリードの未来」

[ 2019年8月17日 05:30 ]

7月31日、トットナム戦の後半、ジダン監督(中央)に呼ばれ途中出場する久保(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 Rマドリードのジダン監督が久保残留を熱望した。16日の会見で、同じスペイン1部のバリャドリードへの期限付き移籍の可能性が浮上している日本代表MFについて言及。「久保は将来有望な選手。移籍期間終了まではどんなことでも起こりえるが、私は久保が残ることを期待している。ここで練習して成長してほしい」と考えを明かした。さらに「最初にプレーするのはカスティーリャ(Bチーム)になるが彼は大切な選手。マドリードの未来だ」と大きな期待を寄せた。

 また地元紙ムンド・デポルティボは15日、久保側が残留を希望していると報道。Rマドリードは久保が7月に加入した際に今季はBチーム(3部)でプレーすると発表していたが、プレシーズンで久保が高い能力を披露したため、よりレベルの高い1部チームでプレーさせるプランが浮上。オファーを受けたバリャドリードとクラブ間で基本合意に達したものの、久保側はまずはBチームでプレーし、移籍の可能性については今冬以降に考える意向という。スペイン1部は16日に、3部は24日に開幕する。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年8月17日のニュース