C大阪FW鈴木、横浜戦メンバー入り J2琉球から加入

[ 2019年8月17日 05:00 ]

 J2琉球からC大阪に加入したFW鈴木孝司(30)が16日、大阪市此花区での全体練習に初合流し、17日の横浜戦(日産ス)でメンバー入りする見込みとなった。動きを確認したロティーナ監督は「来たばかりだが、ずっとJ2で出ていた選手。(遠征に)招集する」と明言した。

 昨年末にJ2町田を契約満了となるも、合同トライアウトを経て琉球に加入し、ここまで得点ランク2位で日本人最多の15得点をマーク。JFL、J3、J2を経て、30歳で初めてJ1に挑むことになり「FWとしてゴールが求められているし、そのために自分は来た」と意気込む。

 台風10号の影響により、14日に天皇杯J2山口戦で勝利したチームは、山口県からバスで6時間をかけて15日に帰阪。この日、今度は前泊のため新幹線で横浜へと移動した。過酷なアウェー2連戦ながら、鈴木の力も加味して勝ち点3をつかむ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年8月17日のニュース