鹿島 曽ケ端、大分戦で先発濃厚 40代GKは史上2人目

[ 2019年8月17日 05:30 ]

セットプレー練習で仲間のクリアにサムアップする鹿島GK曽ケ端
Photo By スポニチ

 鹿島は17日の大分戦で、GK曽ケ端の先発が濃厚となった。40代の日本人GKのJ1出場は、昨季引退した楢崎氏に続いて史上2人目となる。

 大分は今季唯一、ホームで敗れた相手。出場停止の権純泰に代わって出場するJ1最年長守護神は「向こうはGKも含めて後ろからつないでくるので、(奪いに)行くところと行かないところの判断が凄く大事になる。チームとして意思疎通を図ってやれれば」と雪辱を期した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年8月17日のニュース