U22代表、東京五輪金への準優勝 ブラジルにPK惜敗

[ 2019年6月16日 05:30 ]

トゥーロン国際大会決勝   日本1―1(PK4―5)ブラジル ( 2019年6月15日    サロンドプロバンス )

前半、同点ゴールを決め喜ぶ小川航(中央)(共同)
Photo By 共同

 トゥーロン国際大会は15日、フランスのサロンドプロバンスで決勝が行われ、東京五輪世代のU―22代表で臨んだ日本はブラジルにPK戦の末に涙をのんだ。14回目の出場で初めて決勝に進んだ日本は前半39分にFW小川航基(21=磐田)が今大会のブラジルから初ゴールを奪ったが、1―1で進んだPK戦は4―5で惜敗。初優勝はならなかった。ブラジルは5年ぶり9回目の優勝となった。

 PK戦5人目のキッカーとなった旗手のシュートは、相手GKの胸元に吸い込まれた。あと一歩、届かなかった頂点。横内監督代行は「選手は力を出し切ってくれたと思う。PKで負けて悔しいが、選手を称えたい。ブラジル相手で自分たちの時間は短くなると思っていたが、みんな我慢してくれて最後まで戦ってくれた」と声を振り絞った。

 光は見えた。今大会無敗で、準決勝まで無失点だったサッカー王国の分厚い壁を、日本のエースが打ち破った。0―1で迎えた前半39分。1トップで先発した小川はワンチャンスを捉えた。相手DFがクリアミスした浮き球を、思い切りの良い左足ボレーでゴール右隅に突き刺した。

 ドイツ1部ライプチヒのFWマテウス・クーニャ、同レーバークーゼンのFWパウリーニョら有望株がそろう若きカナリア軍団の猛攻はDF岡崎(FC東京)、GKオビ(流通経大)を中心に体を張って耐えた。南米選手権に出場するフル代表は23人中18人中が東京五輪世代。そこに選ばれなかったメンバーが、反骨心を持って一致団結した。

 フル代表も兼務するため不在の森保監督に代わり、指揮を執った横内監督代行は「選手はこの大会に向けたモチベーションが非常に高かった。大会に入ってから日々成長が見えた。この中から五輪メンバーに入ってほしい」と表彰式に臨んだ選手にエールを送った。約1年後に迫った五輪本番に向け、若きイレブンが貴重な財産を得たことだけは間違いない。

 ▼DF大南 負けたのは悔しい。個人能力がみんな高くて個ではがされるシーンが多く、劣勢に回る時間が多かった。全試合に出場させてもらって、連戦の戦い方など(を学べたの)は収穫。悔しい思いを忘れず、次のステップに向けて頑張りたい。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年6月16日のニュース