清水MF中村 絶妙直接FKもノーゴール判定に不満爆発

[ 2019年5月4日 05:30 ]

明治安田生命J1第10節   清水0―3鹿島 ( 2019年5月3日    カシマ )

<鹿島・清水>敗れた清水(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 清水のMF中村が前半早々の判定に疑問を呈した。3分、ペナルティーエリアすぐ外からの直接FKで、鹿島のGK権純泰がかき出したボールは既にゴールラインを割ったかに思われたが、判定はノーゴール。キッカーの中村は「映像を見たら、100人中100人が入ったと言うと思う」と不満を述べた。

 その後は決定機が少なく、3失点。10試合で22失点と守備に安定感がなく、ヨンソン監督は「チャンスで決めきるのが課題」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年5月4日のニュース