C大阪のU―20日本代表・瀬古歩夢J1デビュー ロティーナ監督「驚くべき能力」と称賛

[ 2019年5月4日 20:38 ]

明治安田生命J1第10節   C大阪2―0松本 ( 2019年5月4日 )

 18歳10カ月27日でJ1デビューを飾ったC大阪のU―20日本代表DF瀬古歩夢(18)は、指揮官を「驚きに値する能力」とうならせた。アウェー松本戦で4バックの左センターバックとしてスタメン起用され、これがリーグ戦初出場初先発。緊張した姿は見せず、相手に激しく寄せ、ボールを保持している際には持ち味のフィードで攻撃の起点を作り出そうとした。

 チームは2―0で完封勝利。5試合ぶりとなる白星に貢献した瀬古に対し、ロティーナ監督は「アユム(瀬古)は素晴らしいセンターバックです。彼の年代を考えると、驚くべき能力を持っていると思います」と称賛を惜しまなかった。C大阪U―18出身で、昨年10月にプロ契約。実質的に今季がルーキーイヤーの18歳は「J3から積み上げてきたからこそ今がある。過信せず、謙虚にやっていきたい」と足もとを見つめ直した。

 今月に開幕するU―20W杯ポーランド大会のメンバーに選出されることも濃厚。高さと強さがあり、かつ攻撃の起点となれるセンターバックの今後に期待が高まる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年5月4日のニュース