仙台 後半に意地の反撃ゴール 監督「次につながる」

[ 2019年5月4日 05:30 ]

明治安田生命J1第10節   仙台1―3川崎F ( 2019年5月3日    等々力 )

<川崎F・仙台>後半24分、仙台は大岩(右)のゴールで1点を返す(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 仙台は序盤から川崎Fの攻勢にさらされ、失点を重ねた。「押し込まれる時間が長かった」と渡辺監督。GKシュミットは「人の出入りが多くて、つかまえきれなかった」と悔やんだ。

 後半には途中出場のDF大岩のゴールで意地は見せたが、全体的に好機は少なかった。監督は「0―3から1点返し、それ以上に点を与えずに踏ん張ろうという選手の姿勢は次につながる」と、前を向いた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年5月4日のニュース