鹿島最終ラインにまた負傷者…DFブエノが鎖骨骨折、21日手術へ

[ 2019年4月20日 20:45 ]

 鹿島のセンターバック、DFブエノ(23)が鎖骨を骨折していることが分かった。19日に負傷したもので、21日に手術を受けるという。

 チームは24日に、勝てば他カードの結果次第で1次リーグ突破が決まる慶南戦(韓国)がホームで控える。元々ブエノはACL登録外だが、この試合では犬飼、町田が出場停止。スンヒョンも負傷しており、センターバックは高卒ルーキーの関川のみという状況だ。

 鹿島の最終ラインは他に、サイドバックの内田、伊東、山本が負傷離脱している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年4月20日のニュース