川崎F・鬼木監督 45歳バースデーの誓いは「ホームでたくさん勝つ!」

[ 2019年4月20日 15:59 ]

 4月20日に45歳の誕生日を迎えた川崎Fの鬼木達監督。4月1日にクラブハウスにオープンした食堂で、20日の練習後に専属シェフが作ったケーキでお祝いされる
Photo By スポニチ

 川崎Fの鬼木達監督が45歳の誕生日を迎えた20日、“特製ケーキ”でお祝いを受けた。

16年に新設されたクラブハウスには今月1日、念願の食堂がオープン。その食堂の専属シェフが、指揮官のために特別にケーキを用意した。コーチ陣を始めスタッフ中心にお祝いを受けた指揮官は、前日の湘南戦で今季初の連勝、リーグ戦の本拠地初白星を飾っただけに「何よりも昨日のホームで勝てたことが良かった!勝って今日を迎えるのと、負けて迎えるのでは全然違う!」と最高の形で誕生日を迎えられたことに感謝。「今日もたくさんの人たちに祝ってもらってよかったです」と喜んだ。

 23日には中3日でACL1次リーグの蔚山(韓国)戦が控える。史上2クラブ目となるリーグ3連覇はもちろん、全タイトル4冠を目標に掲げる今シーズン。指揮官は“新たな1年”へ「とにかくホームでたくさん勝つこと!」と、ホームでサポーターとともにより多くの勝利を喜び合うことを抱負として上げた。まずは平成最後のホームゲームとなる蔚山戦で勝利し最高のスタートを切るつもりだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2019年4月20日のニュース