浦和・槙野 自身が開発ヘアジェル新商品発表 欧州組からのリクエストで改良

[ 2019年4月18日 17:25 ]

<LoFt CosmeFestival For Men>浦和・槙野は昨年9月に発売したジェルを持って「ハルテンポーズ」(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 決して崩れない髪型がトレードマークの浦和DF槙野智章(31)が18日、自身がCEOを務めるビューティーブランド「ハルテンジャパンリミテッド」の新商品発表を兼ね、東京・銀座ロフトで開催された「Cosme Festival For Men」のPRイベントに登壇した。槙野と言えば昨年9月に自身でヘアジェル「ハルテンプロフェッショナルジェル」をプロデュース。今回が注目の第2弾となる。

 昨年のW杯ロシア大会では、自慢の“七三分け”がイタリア誌の選ぶW杯髪型イケメン5にも選出された槙野。8年前から「サッカーのプレーより、ジェルは何を使ってますか?という質問を受けるようになった」と笑う。髪型に対する注目度の高まりをきっかけにヘア関連商品の開発に着手してきた。

 「ハルテン」はドイツ語で「キープ」の意。槙野開発のジェルは汗、雨、風でも格好良さをキープすることを目指した形状記憶型のハードジェルだ。昨年9月には缶タイプの第1弾を発売。第2弾となる今回は吉田麻也、長友佑都ら飛行機移動の多い欧州組からのリクエストにも応え、持ち運びしやすく強度も高めたチューブ型、さらにシャンプー、トリートメントなどを開発した。「時間をかけ、試行錯誤を重ねました」と槙野。前回同様、髪に良いオーガニック成分も使用したこだわりの品々で、19日からロフトで先行発売がスタートする。

 最後に商品で左目を隠す“ハルテンポーズ”も披露した槙野。20日には平成最後のホーム戦となる神戸戦が待つ。前売り券の売れ行きは5万8000枚を突破。今季最多観衆の前で髪型も、堅守も“キープ”する。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年4月18日のニュース