福岡 20日の愛媛戦へ鈴木主将「まずは自分たちのサッカーをすること」

[ 2019年4月18日 20:28 ]

 J2福岡は20日に敵地で愛媛と対戦する。

 前節はホームで町田に0―2の完封負けを喫し、順位も20位に後退した。試合を振り返り主将のMF鈴木惇は「ふがいない試合をしてしまった。相手がどうこうより自分たち」と、自分たちの形を出せずに自滅してしまった戦いを反省。次戦に向けては「愛媛もいいサッカーをしてくる。だけど、相手よりまずは自分たちのサッカーをすること」と、全員で目的を合わせて戦うことをポイントにあげた。

 前節は急な胃腸炎で試合を欠場したDF実藤友紀は「ギリギリでいけなくなり迷惑をかけた」と話したが、「次は万全でいける」と明るい表情をみせた。欠場によりチームは急きょ、3バックに挑んだが「フォーメーションが増えるのはいいこと。うまく使えれば今後のいいオプションになる」とプラスに捉えた。得点があまり生まれない状況には「監督が言う通り、どんどんシュートを打っていくことが大事。打たないことには得点は入らないし、打てばこぼれ球からチャンスが生まれたりもする」。ミスを恐れない積極的な姿勢を持つことを強調した。「今は苦しい状況だが、まだ上ともそこまで離れてない。ここからどんどん勝ち点を積み上げていける自信はある」。次節はCB篠原が累積のため出場停止となるが、力強い言葉で勝利を誓った。  

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年4月18日のニュース