Aマドリード堅守崩壊で完敗 指揮官「ユベントスが上だった」

[ 2019年3月14日 05:30 ]

欧州CL決勝トーナメント1回戦第2戦   Aマドリード0―3ユベントス ( 2019年3月12日 )

ユベントスの猛攻を防ぐAマドリードのサウール・ニゲス=左(AP)
Photo By AP

 Aマドリードは第1戦で奪った2点のリードを守り切れなかった。シメオネ監督は「単純にユベントスが上だった。脱帽するしかない」と潔く完敗を受け入れた。

 持ち前の堅守が崩壊し、クロスから2失点。最後は途中出場のFWコレアがPKを献上し、ダメ押し点を許した。攻撃でもFWモラタが前半終了直前にフリーのヘディングを外したのが唯一の絶好機だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年3月14日のニュース