森保J アジア杯から13人入れ替え 香川がロシアW杯以来の復帰

[ 2019年3月14日 14:34 ]

森保一監督
Photo By スポニチ

 日本サッカー協会は14日、コロンビア(22日)、ボリビア(26日)との親善試合に臨む日本代表メンバー23人を発表。準優勝に終わったアジア杯から13人を入れ替えた。MF香川真司(29=ベシクタシュ)がロシアW杯以来となる代表復帰。また、FW鈴木武蔵(25=札幌)、鎌田大地(22=シントトロイデン)ら4人が初選出された。森保一監督は「南米勢と戦うことで自分達の立ち位置、できること足りないことを感じることができる。日本代表としてのベースをさらに広く強固にしていけるようにしたい」と意気込んだ。

 メンバーは以下の通り。

 【GK】東口順昭(32=G大阪)、シュミット・ダニエル(27=仙台)、中村航輔(24=J2柏)

 【DF】西大伍(31=神戸)、佐々木翔(29=広島)、昌子源(26=トゥールーズ)、室屋成(24=FC東京)、三浦弦太(24=G大阪)、安西幸輝(23=鹿島)、畠中槙之輔(23=横浜)、冨安健洋(20=シントトロイデン)

 【MF】乾貴士(30=アラベス)、香川真司(29=ベシクタシュ)、山口蛍(28=神戸)、小林祐希(26=ヘーレンフェイン)、宇佐美貴史(26=デュッセルドルフ)、柴崎岳(26=ヘタフェ)、中島翔哉(24=アルドハイル)、南野拓実(24=ザルツブルク)、守田英正(23=川崎F)、堂安律(20=フローニンゲン)

 【FW】鈴木武蔵(25=札幌)、鎌田大地(22=シントトロイデン)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年3月14日のニュース