能活氏が“指導者デビュー” U―17代表GKコーチ就任

[ 2019年3月14日 05:30 ]

 日本サッカー協会は13日、U―17日本代表候補のJヴィレッジ合宿(17~21日)メンバー27人とスタッフを発表。GKコーチの1人に、昨季限りで現役を引退した元日本代表GK川口能活氏(43)が就任した。

 日本協会としても指導者としての川口氏の育成は重要事項で、今回がナショナルチームでの“指導者デビュー”となる。11月にはU―17W杯大会が控える。“炎のGK”と呼ばれた川口氏の経験と魂が、若きイレブンに注入されることになる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2019年3月14日のニュース