浦和・槙野、沖縄キャンプに“槙野専用カメラマン”導入

[ 2019年2月5日 05:30 ]

浦和DF槙野智章
Photo By スポニチ

 アジア杯から帰国した浦和の日本代表DF槙野智章(31)が4日、沖縄キャンプに合流した。今合宿ではJリーグ初となる専属の“槙野専用カメラマン”を導入し、新たな試みに出た。元々、J屈指の発信力を持つ槙野だが、よりレッズを、日本サッカーを盛り上げたい思いが強く、考案したもの。今後はクラブと詳細を詰めながら専属カメラの活用を進めていくが、自身のSNSなどを中心にこれまでは見せられなかった一面など、槙野の全てを独自に発信していく構えだ。

 UAEでのアジア杯では2試合に出場し、準優勝に貢献。2日に帰国し、わずか中1日でのチーム合流となったが、自ら志願し、戦術練習もフルメニューを消化した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年2月5日のニュース