カタール FWアリらの出場資格に問題なし、日本戦先発へ!UAEの抗議却下

[ 2019年2月1日 21:43 ]

カタールのFWアリ(AP)
Photo By AP

 アジアサッカー連盟(AFC)は1日、カタール代表2選手の大会出場資格について、UAEサッカー協会から提出されていた抗議を却下したと発表した。カタールは同日夜のアジア杯決勝で日本と対戦するが、2選手は試合出場に問題がないことが認められ、先発メンバーに名を連ねた。

 UAEサッカー協会は1月29日の同準決勝でカタールに敗れた直後、スーダン出身のFWアルモエズ・アリ(22=アルドゥハイル)とイラク出身のDFバッサム・アル・ラウィ(21=アルドゥハイル)のカタール2選手について、大会出場資格を満たしていない疑いがあるとの抗議文を提出していた。

 アリは1次リーグ第2戦の北朝鮮戦で4得点するなど、今大会8得点をマーク。1996年のアリ・ダエイ(イラン)の大会最多得点記録に並んでいる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年2月1日のニュース