日本代表 アジア杯決勝スタメン発表!史上初11人全員“海外組”

[ 2019年2月1日 21:35 ]

アジア杯決勝   日本―カタール ( 2019年2月1日    UAE・アブダビ )

決勝のカタール戦でプレーする大迫(AP)
Photo By AP

 アジア杯UAE大会に出場しているサッカー日本代表は1日、カタール代表との決勝戦に臨む。試合前に先発メンバーが発表され、準決勝のイラン戦で負傷交代したMF遠藤航(25=シントトロイデン)に代わってMF塩谷司(30=アルアイン)がスタメンに名を連ねた。塩谷以外の10人は、イラン戦から変わらず。鳥栖のGK権田修一(29)がポルティモネンセ(ポルトガル)に完全移籍することが正式決定したため、史上初の先発11人全員“海外組”というメンバー構成になった。 試合速報

 先発メンバーは以下の通り。

 GK権田(ポルティモネンセ)

 DF酒井(マルセイユ)、冨安(シントトロイデン)、吉田(サウサンプトン)、長友(ガラタサライ)

 MF塩谷(アルアイン)、柴崎(ヘタフェ)、堂安(フローニンゲン)、南野(ザルツブルク)、原口(ハノーバー)

 FW大迫(ブレーメン)

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年2月1日のニュース